紫紺乃米 洗顔石鹸|洗顔ブログ

紫紺乃米 洗顔石鹸

ふわふわの泡と保湿成分×洗浄成分の配合バランスで、毛穴の奥の汚れ・余分な皮脂をしっかり吸着してくれます。しっとりとしたやさしい洗い上がりを実現しました。洗顔しながら、古代米(紫黒米)・黒大豆由来の保湿成分がお肌をしっかりケア。新保湿成分(リピジュア)がうるおいを閉じ込め、健やかで明るい素肌に保ちます。

「紫紺乃米 洗顔石鹸」は、明治27年に創業した、「米ぬか」にこだわり続け、日本女性のお肌の美しさを守るお手伝いをしてきた「神戸美人ぬか本舗」から提供されているスキンケアシリーズ「紫紺乃米シリーズ」の洗顔石鹸です。

「紫紺乃米シリーズ」は、高品質にこだわり、長年の研究の結果、古来からの成分と新成分を掛け合わせることで実現した、「現代日本女性のお肌のための米ぬか化粧品」です。
「紫紺乃米 洗顔石鹸」の特徴をみていくと、まず注目するのが古来からある伝統的な成分と新成分、その両方を採用した保湿成分です。

まず、古来からの保湿成分として「古代米(紫黒米)」「黒大豆」を採用しています。
「古代米」とは野生種の米のことで、現在の稲の原種にあたります。いま私たちが食べているお米は、この古代米から長い月日をかけて品種改良を繰り返していってできたものです。

その古代米の中の「紫黒米」は、「薬米」と別名を持ち、古くから薬膳料理にも用いられてきました。米ぬかの部分にポリフェノールの一種である黒紫色系色素アントシアニンを含んでおり、中国では古くから不老長寿の米といわれ皇帝への献上米とされていました。紫紺乃米は、この栄養価の高い古代米(紫黒米)を使用しています。

また、新保湿成分「新型リピジュア」を採用することで、ラメラ層の形成を促進し、肌の角質層まで届けた「うるおい」をしっかりと閉じ込め、キメ細やかで美しい素肌に導いてくれます。弾力のあるふわふわの泡が、毛穴の奥の汚れ・余分な皮脂をしっかり吸着。

洗浄成分×うるおい成分の配合バランスとトリプルバランス処方でお肌をやさしく洗い上げます。ダブル洗顔なし・無香料・無色素・無鉱物油・ノンパラベンの低刺激化粧落とし洗顔石鹸です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする